解✦談

解りやすく、解きほぐします。

幽霊に関する2つの新説

三木大雲という、俗に「怪談和尚」と呼ばれているお坊さんがいます。
彼がYouTubeで、「お経」に書かれている内容を丁寧に説明しているのですが、
それを観て、私はかなり驚きました。

お釈迦様がかつて、こんなことを言ったそうです。

--自分がこれまでいろいろな人の質問に答えたり、話してきた内容は、
すべて「方便」だった。

--いまから方便ではなく、本当に自分が思っていることを話す。

そう宣言したお釈迦様が、大勢の信者を前に話した内容を克明に記録したのが、
いまに伝わる「お経」だというわけです。

 

「方便」については、手元の辞書にこうあります。

①仏教で、衆生を真の教えに導くために用いる仮の手段。
②ある目的を達するために用いる便宜的な手段。

「うそも方便」といわれることから、方便には多少、「まやかし」的な
要素はあっても、決してネガティブな意味合いだけのもの(手段)では
ないことが分かります。

しかし、いずれにしても方便は方便であり、世の中には方便とは別に、
真実や真理(と思えるものや手段)がある、ということなのでしょう。

 

私は最近、いわゆる「幽霊」や「心霊現象」と呼ばれるものについて、
2つの新説を思いつきました。

それらが単なる方便なのか、はたまた真理に近いものなのか、
自分でもよく分かりませんが、どちらも人間の「心持ち」に関係しており、
私としては「そう考えると納得がいく」という類いの話です。

《第1説:幽霊はゴキブリである》

部屋の壁や天井に突然、ゴキブリが現れたら、多くの人は驚き、
おののくことでしょう。

私の場合は、まず「クソッ」と怒り、「なんでやねん」とつぶやきながら、
ゴキブリを叩き潰しにかかりますが、人によっては恐怖のあまり部屋を
飛び出すかもしれません。

多くの人にとってゴキブリは、そこに本来「いるはずがないもの」であり、
なおかつ、「いてはいけないもの」です。

そういう日常のなかの異物が突如として現れたから、人は驚き、
恐怖を感じるのだと思います。

幽霊や心霊現象に対しても、多くの人はゴキブリと同じ感覚を
抱いているのではないだろうか、というのが私の結論です。

それが人間の姿をして動き回る幽霊であろうと、まったく動かない
不気味な人形であろうと、そこに「いるはずがない」「あるはずがない」
「いてはいけない」「あってはいけない」ものが現れたとき、
多くの人は恐怖を感じます。

でも、その幽霊や心霊現象が自分にとって馴染みの深いものだったり、
喜ばしいものだったとしたら、どうでしょう。

「いるはずがない」のだけれど、別に「いてくれてもいい」ものだったならば…。

たとえば、自分がかつて大好きで、すでに亡くなってしまった人や飼い猫が
突然現れたとき、私たちは恐怖を感じるものでしょうか。

実際にそういう経験がないので何ともいえませんが、私は恐らく
懐かしさを感じて、「しばらくここにいてほしい」と願うような気がします。

ゴキブリではなく、七色に光るタマムシが部屋に現れた場合には、
私なら歓喜します。

私にとってタマムシは、そこに「いるはずがない」としても、
全然「いてくれてもいい」ものだからです。

世の中には、ゴキブリだって部屋のなかにいてくれて全然構わない、
という人もいるかもしれません。

要するに、自分との関係性によって、あるいは自分の「心持ち」ひとつで、
幽霊や心霊現象は恐怖の対象にもなるし、懐かしさや愛しさの対象にもなる
ということでしょう。

《第2説:幽霊は先輩である》

最近は、いわゆる事故物件にからんだ幽霊話をよく耳にします。

これは当然のことながら、ごく普通の人びとが、たまたま事故物件に住むこととなり、
そこで心霊体験をしてしまったから怖い、という話です。

それでは、「普通ではない人」が事故物件に住んで、心霊体験をした場合は
どうなるでしょうか。

たとえば、病気で余命いくばくもない人や、何らかの理由で近々自殺しようと
考えている人が、たまたま事故物件に住んで幽霊に出会ったとしたら、
いったい何を思うでしょう。

もしも私がその立場だったら、「良き先輩に出会った」と感じるような気がします。
つまり、「もうすぐ私もあなたと同じ道をたどります」という、
シンパシーのようなものを感じるのではないかと思うのです。

死を覚悟したり、死期を悟った人にとって、幽霊や心霊現象はいわば
「近い将来の自分」です。

一方で、「自分はまだまだ生き続ける」と勝手に決めつけている人にとって、
幽霊はとんでもない異物として存在します。

しかし、実はそういう普通の人びとも、いずれは全員死んでいくのだから、
幽霊は誰にとっても先輩であると言えるわけです。

 

歌詞が「あ」で始まる曲

その昔、仲間たちとやっていた遊びを、ふと思い出しました。
歌詞が「あ」で始まる邦楽の出だしを、交替で順番に歌っていき、
どれだけたくさん歌えるか競うというものです。

当時は余裕で100曲以上は挙がっていたはずなのですが、
いま思い浮かべてみると、そう簡単には出てきません。

これからゆっくり考えていこうと思います。
今回はさわりだけ。

まず、「あ~」とか「ああ」などの感嘆詞?で始まる曲です。

 

心の旅(チューリップ) ♪あ~ だから今夜だけは君を抱いていたい
みずいろの雨八神純子) ♪あ~ みずいろの雨
半分少女小泉今日子) ♪あ~ 私のこころは悲しくしく泣いてるわ
私のハートはストップモーション桑江知子
      ♪ああ 私のハートはストップモーション
青い珊瑚礁松田聖子) ♪あ~ 私の恋は南の風にのって走るわ
大都会クリスタルキング) ♪あ~あ~ 果てしない夢を追い続け
渚のシンドバッドピンク・レディー) ♪アアアア、アアアア…アア渚のシンドバッド
トワイライト・アベニュースターダスト・レビュー
      ♪ああ あなたにときめく心のまま
わかれ道かぐや姫) ♪ああ 君の長い髪と胸のふくらみを
LADY甲斐バンド) ♪ああLADY 手のなかに

次に、「あなた」で始まる曲。

時の過ぎゆくままに沢田研二) ♪あなたはすっかり疲れてしまい
時をかける少女原田知世) ♪あなた私のもとから突然消えたりしないでね
鳥の詩杉田かおる) ♪あなたがいた頃は笑いさざめき
岬めぐり(ウィークエンド) ♪あなたがいつか話してくれた
冬の稲妻(アリス) ♪あなたは稲妻のように私の心を引き裂いた
北の宿から都はるみ) ♪あなた変わりはないですか
ロマンス岩崎宏美) ♪あなたお願いよ 席をたたないで
青い果実山口百恵) ♪あなたが望むなら私なにをされてもいいわ
海を見ていた午後荒井由実) ♪あなたを思い出す この店に来るたび
プレゼントジッタリンジン) ♪あなたが私にくれたもの
神田川かぐや姫) ♪あなたはもう忘れたかしら
22才の別れ(風) ♪あなたにさよならって言えるのは今日だけ
わかって下さい因幡晃) ♪あなたの愛した人の名前は
いつものより道もどり道長渕剛) ♪あなたの名前を呼ぶ
きんぽうげ甲斐バンド) ♪あなたに抱かれるのは今夜かぎりね
恋する夏の日天地真理) ♪あなたを待つのテニスコート
ひとりじゃないの(〃) ♪あなたが微笑みを少しわけてくれて
アン・ドゥ・トロワキャンディーズ) ♪あなたの胸に耳を当てれば
哀愁のシンフォニー(〃) ♪あなたの目が私を見て
あなたに夢中(〃) ♪あなたが好き とっても好き

 

中日ドラゴンズの幼稚園野球

中日の試合が本来とは違う意味で面白くなってきている、と思います。

きっかけは、6月24日(金)の阪神戦で
3番:石岡、4番:木下、5番:山下というクリーンアップを
組んだことでした。

この試合は4対6で負けましたが、実はその前後、
6月23日(木)のヤクルト戦と6月25日(土)の阪神戦は
ともに0対10で完封負けしています。

恐らくこのあたりで、立浪監督のなかの「何か」がプツンと切れたのでしょう。

7月7日(木)のDeNA戦では、3番に福元を抜擢。
ドラフト6位の新人で、なぜかこの1試合だけの起用でした。

7月17日(日)の阪神戦では、5番に育成出身2年目のワカマツを抜擢。
次の試合にも先発5番で起用しましたが、1打席だけで2軍行きとなっています。

ようやく1軍で活躍し始めた石岡を、いきなりオリックスの後藤とトレード。
その後藤を3番で使ったり、郡司を3番で使ったり…。

私は水島新司の漫画「ドカベン」を思い出しました。

うろ覚えなのですが、たしか山田たちが高校1年の秋、
神奈川県大会での出来事だったはずです。

明訓高校はエース里中が故障で出場できず、サードの岩鬼が先発しましたが、
途中でセカンドの殿馬や、外野兼控え捕手の微笑に交替し、
挙句の果てには山田までが登板することに。

それをスタンドで見ていた、ライバルの東海高校・雲竜が
「始まったぞ、明訓の幼稚園野球が!」と笑ったのです。

いまの中日にも、この「幼稚園野球」という言葉がよく似合います。

といっても、すべて否定的な意味ではありません。

根尾を投手に挑戦させたり、8番ショートで土田を起用するのは、
私としては評価しています。

あとは石橋(捕手)、石垣(内野手)、伊藤(外野手)などの
出場機会を増やしてくれれば、見どころは十分です。

木下は、控え捕手&代打の切り札でいいのでは?

山下、溝脇、平田、福田あたりは、みんな代打要員でしょう。

三ツ俣、後藤は当然のことながら、守備要員です。

どうせならシーズン終了後のドラフトやトレードなどでも、
幼稚園野球ぶりを徹底してほしいところです。

去年はドラフトで3人の外野手を獲ったのだから、
今年は内野手3人、投手3人で決まりでしょうね。

いまの中日を見ていると、サラリーマンみたいな選手ばかりが目立ちます。

あんまり野球が好きじゃないんでしょうね。

好きじゃないのなら、さっさと転職したらいいのに、と思ってしまいます。

水島新司流にいえば「男どアホウ」でも「野球狂」でもいいから、
もっと野球好きな選手が集まってくれないものですかね。

 

ユーミン・トップ20曲

今年(2022年)はユーミンのデビュー50周年にあたり、
それを記念して各種の企画が展開されています。

先日、7月18日(月・祝)にはラジオのNHK-FMで、
「今日は1日ユーミン三昧」という番組が放送されました。

私は聴きませんでしたが、番組内ではリスナーからの
リクエスト曲・トップ50が発表されたようです。

ネットで曲目リストを見て、いくつか感じたことがありました。

トップ20の楽曲は以下のとおりです。
( )内は、収録されたアルバム(もしくはシングル)と発表年を表します。

①守ってあげたい(昨晩お会いしましょう/1981年)
②カンナ8号線(昨晩お会いしましょう)
③海を見ていた午後(ミスリム/1974年)
やさしさに包まれたなら(ミスリム)
⑤中央フリーウェイ(14番目の月/1976年)
ルージュの伝言(コバルト・アワー/1975年)
⑦晩夏(14番目の月)
⑧DESTINY(悲しいほどお天気/1979年)
⑨まちぶせ(シングル/1996年)
⑩瞳を閉じて(ミスリム)
ノーサイドノーサイド1984年)
⑫卒業写真(コバルト・アワー)
⑬スラバヤ通りの妹へ(水の中のASIAへ/1981年)
⑭水の影(時のないホテル/1980年)
⑮消灯飛行(シングルB面/1977年)
⑯埠頭を渡る風(流線形’80/1978年)
⑰あの日にかえりたい(シングル/1975年)
青春のリグレット(DA・DI・DA/1985年)
⑲潮風にちぎれて(シングル/1977年)
⑳5cmの向う岸(時のないホテル)

一見して、リスナーには古くからのユーミンファン、
つまりはそこそこ年齢の高い人が多かったのだろうなと思いました。

まあ、NHK-FMなので、もともとリスナーの平均年齢は高めのはずです。

トップ20を発表年代で分けると、70年代が12曲、80年代が7曲、
90年代が1曲となっています。

ユーミンの楽曲は映画やドラマ、CMなどに使われることも多いため、
比較的若い世代が、発表から何年も後に聴いて好きになったという
ケースも少なくないでしょう。

それを考慮しても、70年代から80年代前半にかけての楽曲が
高い支持を得ている様子には、ちょっと驚きました。

なかでも2位のカンナ8号線や、3位の海を見ていた午後
7位の晩夏などは、ずいぶん順位が高い印象です。

また、消灯飛行潮風にちぎれてのシングル曲、
さらにはアルバム『時のないホテル』から水の影5cmの向う岸
トップ20に入ったというのは、本当に意外でした。

私はユーミンのファンではないので、勝手な解釈にすぎませんが、
これらの曲をリクエストするあたりに、古くからのユーミンファンの
思い入れが強く表れているような気がします。

私はユーミンのファンではありませんが、好きな曲はたくさんあります。
以前、ベスト10については書いたことがありましたが、さらに10曲を加えて
トップ20とするならば、以下のようになります。

①潮風にちぎれて
②ナビゲイター
③わき役でいいから
④気ままな朝帰り
⑤真冬のサーファー
⑥ためらい
⑦埠頭を渡る風
⑧水の影
⑨よそゆき顔で
⑩航海日誌
⑪悲しいほどお天気
⑫A HAPPY NEW YEAR
⑬グッドラック・アンド・グッドバイ
⑭ずっとそばに
⑮雨の街を
⑯海を見ていた午後
⑰雪だより
⑱VOYAGER~日付のない墓標
⑲晩夏
⑳最後の春休み

このうち発表年がいちばん新しいのはVOYAGER~日付のない墓標
1984年なので、いまから38年前ですか…。私が好きなユーミンの楽曲は、
ほとんどが40年以上前の作品ということになります。

古い曲しか興味がないのは、どこか異常なのかなとも思っていましたが、
それでもトップ20のうち5曲がNHK-FMのリクエストとダブっています。
私の2位であるナビゲイターは、NHK-FMでも30位に入っていました。
変な話ですが、なんだか少しほっと安心しました。

 

中日の開幕オーダー

プロ野球の開幕が迫ってきました。
今年の中日はどうでしょうか。

順位にはそれほど期待していないけれど、
「ヘタレ」の首脳陣が一新されたので、
過去3年間より面白い試合が増えることだけは確かでしょう。

ここにきて、岡林と大島が開幕に間に合うかどうか、
微妙との情報が流れています。
そこで、2人がいる場合と、いない場合のそれぞれについて、
開幕オーダーを考えてみました。

立浪新監督は巨人の開幕投手・菅野との相性を考えて、
福留を使うと公言しているので、とりあえず福留は
スターティングメンバーに入れておきます。

《2人がいる場合》

1番⑨岡林
2番⑧大島
3番④高橋
4番③ビシエド
5番⑦福留
6番⑤石川
7番②木下
8番⑥京田
9番①大野

《2人がいない場合》

1番⑧根尾
2番⑤石川
3番④高橋
4番③ビシエド
5番⑨福留
6番⑦鵜飼
7番②木下
8番⑥京田
9番①大野

個人的には、2人がいない場合でも、
なかなか楽しみな打線だと思います。

 

漫画&アニメのベスト10

漫画とアニメのベスト10も考えてみました。

《漫画(コミックス)・ベスト10》

①硬派銀次郎(本宮ひろ志
②男どアホウ甲子園(水島新司/原作:佐々木守)or
 野球狂の詩水島新司
ブラック・ジャック手塚治虫
修羅の刻川原正敏
ど根性ガエル吉沢やすみ
エースをねらえ!山本鈴美香
デビルマン永井豪
恐怖新聞つのだじろう
がきデカ山上たつひこ
漂流教室楳図かずお

※作家ひとりにつき1作品限定としました。
※②は原作がないものならば『野球狂の詩』とします。

《アニメ(テレビ放映)・ベスト10》

ルパン三世(第1シリーズ)
デビルマン
タイガーマスク
バビル2世
ドロロンえん魔くん
ど根性ガエル
ふしぎなメルモ
妖怪人間ベム
ハクション大魔王
ラ・セーヌの星

※『デビルマン』と『ど根性ガエル』は、コミックスとテレビアニメの
   両方ともベスト10に入りました。
※『デビルマン』の牧村美樹、『ドロロンえん魔くん』の雪子姫、
 『ど根性ガエル』の京子ちゃんは、私の3大アイドルです。

 

現在のベスト曲

楽曲を好きになる理由については、いろいろなパターンが挙げられます。

基本中の基本は、いまこの瞬間に聴いてみて、曲も詞もピンとくるかということ。

昔はそうでもなかったのに、いまではアレンジがとても気に入っている、
という曲もあります。

かつてその曲を頻繁に聴いていた時代の印象、つまりは覚えている風景とか、
一緒に聴いていた仲間の様子とか、そういう諸々が強烈に残っているため、
どうしても折に触れて聴きたくなってしまうパターンもあります。

こうした理由のうち、どれがどのように作用しているのか解らないけれど、
不思議なことに、好きな楽曲は時代とともに変わっていきます。

私の「アーティスト別・ベスト曲」も、現在と20歳代の頃を比べると、
微妙に変わっている。

それに気づくことが、けっこう面白いのです。

以下は現在のベスト10です。

吉田拓郎

①赤い燈台 ②春になれば ③おやじの唄 ④シンシア
⑤春だったね ⑥午前0時の街 ⑦おきざりにした悲しみは
⑧旅の宿 ⑨白い部屋 ⑩花嫁になる君に

ユーミン

①潮風にちぎれて ②ナビゲイター ③わき役でいいから
④気ままな朝帰り ⑤真冬のサーファー ⑥ためらい
⑦埠頭を渡る風 ⑧水の影 ⑨よそゆき顔で ⑩航海日誌

甲斐バンド

①ブラッディ・マリー ②シネマクラブ ③あの日からの便り
④かりそめのスウィング ⑤男と女のいる舗道 ⑥バス通り
⑦吟遊詩人の唄 ⑧東京の一夜 ⑨最後の夜汽車 ⑩絵日記

《風》

①夜汽車は南へ ②古都 ③君と歩いた青春 ④少しだけの荷物
⑤男は明日はくためだけの靴を磨く ⑥海岸通 ⑦時の流れ
⑧地平線の見える街 ⑨はずれくじ ⑩あいつ